過払い金

MENU

過払い金とは

この頃、キャッシングの過払い金の請求相談について、テレビやネットなどで宣伝が出ていることが少なくないようです。

 

2010年に改正貸金業法が施行される以前のキャッシングでは、グレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法を超える金利で貸し付けが行われていることが少なくありませんでした。この利息制限法で決められた利息を超過した分の返済のことをキャッシングの過払いと呼ばれています。

 

長年、キャッシングの過払い金を含めた返済をしていながら、そのことに気がついていないという方はたくさんいます。過払いしているのであれば、キャッシング会社に対して請求を行って、取り返せる可能性があるのです。

 

現在は法改正によってグレーゾーン金利がなくなりましたが、それ以前にキャッシングを開始していた場合、過払いが発生し続けていることもあります。借りたお金を返し終わっている人は、過払い請求をしてお金が戻ってきても、それで困るということはないようです。

 

返済中のキャッシングに対して、過払い請求を行って、残高が残った場合には信用情報に傷が付きますので、注意が必要です。返済が終わっているキャッシングについては、最後に返済してから10年で請求権が失われるので、気になる人は確認してみましょう。

 

過払い請求にしっかり対応してくれるキャッシング会社ばかりではありませんので、請求するだけのことに消耗してしまうこともあります。請求額が大きくなる場合には、司法書士や弁護士に対応を依頼すると、報酬を差し引いてもより大きな金額を取り返せる場合があります。

 

自分のキャッシングの借り入れについて、過払いしている可能性があるかどうか、一度確認してみることをおすすめします。

関連ページ

グレーゾーン|多重債務の相談
グレーゾーン