多重債務の相談

MENU

債務整理は怖くない

 

いろいろ考えすぎると腰が引けてしまいます

 

 

家族や会社にしれてしまうことが怖い。

 

サラ金の逆襲が怖い。

 

債務整理というと、そんなことを考えて腰が引けてしまったり、自己破産がすぐ思い浮かばれ、財産が差し押さえになったり、今後の人生の加担になってしまうのではないかなどとも考えてしまうかもしれません。

 

でも債務整理にはいろいろな種類があります。家族や会社に知られることなく整理がつくものもあります。

 

また、債務整理に入ると金融会社から即時に解放され、サラ金の逆襲の心配もありません。

 

あなたを守ってくれる債務整理

 

債務整理が始まると

 

債務整理を法律事務所に依頼すると、たとえば督促の電話などがかかってきている人などは、すぐにその電話がぴたりと止まります。

 

それは、債務整理を依頼した弁護士や司法書士が貴方の代理人となり、あなたを守る壁となってくれるからです。

 

債務整理を行うことが通知されると、債権者(貸金業者)は債務者(あなた)と、直接 連絡を取ることができなくなります。

 

従って、督促の電話ばかりか、なぜ債務整理をしたのかと文句すら言ってくることもできなくなります。

 

事務手続きのちょっとしたことでさえ、あなたの代理人である弁護士や司法書士を通じて連絡することになります。

 

債権者との間にこんな壁が築かれるだけでも、かなりストレスから解放されると思います。

 

手続きも思っているほど難しくない

 

債務整理と聞くと、いろいろな手続きや小難しい書類の作成が大変そうに見えますが、それらはほとんど法律事務所で行ってくれます。

 

もちろん印鑑をついたり、書類に本人が記入するべきところは本人がやらなければいけませんが、それらについても簡潔にできる状態に法律事務所のほうで用意周到に準備してくれます。

 

たとえば、裁判所を通すことなく行える任意整理などは「エッ!」と思うほど簡潔に手続きが完了してしまい、あっけにとられるかもしれません。

 

それは、消費者金融で融資可能かどうかをハラハラして待つよりも、よほど精神的な負担もなく行えます。

 

↓無料相談の詳細・申し込みはこちらから↓