MENU

200万を任意整理する方法

 

200万を任意整理する方法

 

クレジットカードやカードローンで借金が返済できなくなった場合には、債務整理により法的に解決することが大切です。

 

ここで、「何とかなる」などと思い、更にカードローンなどで債務を重ねていくと多重債務者となってしまいますので、出来るだけ早い段階で弁護士や司法書士に相談することが大切です。

 

なお、債務整理にはその債務額によって、任意整理個別再生自己破産といった方法があります。

 

現在200万円の借金を抱えてしまっているあなたの場合には、まず任意整理から考えてみましょう。

 

この方法であれば、裁判所に申し立てることなく、債務者が債権者と直接交渉することで解決できるので、自己破産や個人再生より簡易的な債務整理といえます。

 

債権者との交渉もすべて委任した弁護士又は司法書士が行ってくれるので、心配はご無用です。

 

街角法律相談所

 

 

 

200万を任意整理したときの返済

 

200万の借金の任意整理相談

 

任意整理は自己破産のように、すべての借金がご破算になるものでも、個人再生のように大きな減額があるものでもありません。

 

従って、任意整理を行った後には、毎月の返済(分割の場合)があります。

 

もちろん返済といっても、利息を免除してもらえるので、現在あなたがしている返済よりずっと楽になります。とはいえ、現在の借入金の元金は返済しなくてはなりません。

 

それでは、200万の借金を任意整理で解決するためには、返済期間はどのくらいで、その返済額は毎月いくらになるのでしょうか?

 

参考までに、おおよその計算をしてみましょう。

 

返済期間


任意整理の返済期間は、3年から5年で利息を除いた借入残高を分割(一括返済も可)で返済していきます。

 

任意整理では、法定内での利息で借り入れを行っている場合には減額は見込めません。そのため、現在の借入残高が200万あるとすると、それを3年から5年で返済していくことになります。

 

その期間は、債権者とあなたの代理人になっている弁護士、または司法書士の間で行われる交渉で話し合われ、現在のあなたの収入と生活費の支出から、返済能力に応じて取り決められます。

 

月々の返済額


月々の返済額は、あなたの借入金の現在の残高を、交渉の末取り決められた返済期間で割ることで求められます。

 

例えば、借入残高が200万で、返済期間が3年であったなら以下のような計算になります。

 

200万円÷3年(36回)=5万5555円

 

ということで、約5万6千円を3年間返済すれば完済で、晴れてあなたは借金生活から解放されます。

 

また、5年なら返済回数は60回になるので、毎月おおよそ3万4千円となります。

 

 

街角法律相談所

 

200万の借金の任意整理相談

 

200万の借金の任意整理相談

 

任意整理を行うには、弁護士または司法書士に依頼することになりますが、いきなり依頼を申し込む前にまずは債務相談を行っておきましょう。

 

インターネットの債務相談窓口の多くは、弁護士または司法書士の事務所が無料で受け付けてくれ、債務整理を実際に行っている専門家が相談に当たってくれます。

 

そのため、あなたの現況を見ながら、最適な債務整理の方法をアドバイスしてくれ、また、払いすぎている利息がないかも調べてくれます。

 

さらに、どのように任意整理が行われるか、借金解決までの流れはどの様になるのかを、実際のあなたの状況に合わせてリアルに説明してもらえます。

 

その後、任意整理の委任をそのまま依頼することもできるので、非常にスムーズに任意整理に漕ぎつくことができるでしょう。

 

任意整理の費用は、それぞれの事務所で違いがあるため、時間に余裕があればいくつかの事務所で相談を受けながら、同時にい見積もりをもらい比較検討してみることをお勧めします。

 

督促などが来ていて時間に余裕がないとか、見積もりなどで比較した後に断りを入れるのが苦手という人には、相談窓口を一度に3か所紹介してくれる「街角法律相談所」といったサービスを使ってみるのもお勧めです。

 

 

↓街角法律相談所詳細はこちらから↓
街角法律相談所

 

そもそも任意整理とは

 

200万を任意整理する方法

 

任意整理とは、裁判所などを通さず、負債者と金融会社との交渉で借金を減額するという方法です。

 

金融業者は高い利息でお金を貸し、その利息で儲けを得ています。一方負債者は毎月きちんと返済していても、利息が高いと元金が一向に減らず、借金地獄から抜け出すことが出来ません。

 

もし負債者が毎月返す意志と収入があるけれど、高すぎる利息のせいで一向に借金が減らないのであれば、まずは「任意整理」を考えてみると良いかも知れません。

 

でもそもそも金融会社が交渉に応じて減額なんてしてくれるのでしょうか?実は多くの金融会社がその申請をすればその後利息分なしで元金のみの支払いに応じてくれます。これはなぜでしょうか?

 

一つは金融会社も相手に自己破産されて借金を踏み倒されるよりも、貸した分を取り戻した方が得だからです。金融会社にとって一番困るのが、貸した金額を取り戻せず相手に自己破産宣告をされてしまうこと。こうなるよりは利息をカットしてでも貸した額100%が返ってくる方が得なのです。

 

もうひとつの理由は「利息制限法」という負債者を守る法律があるからです。利息制限法では利息の上限が決められています。負債者は法律に疎く、金融会社の提示する条件をうのみにして利子を支払っている場合が多いのが事実です。

 

実はこの法律の上限をはるかに超える利息を支払わされていた場合がほとんどです。そのため交渉によっては利息がカットされるだけでなく、これまで支払ってきた過払い金が返金されることさえあります。

 

メリット、デメリット

 

任意整理のメリットは自分の持っている財産を手放す必要がないということが一つ目にあげられます。「車や家は手放したくない、でも借金返済をもう少し楽にしたい」という場合は良い方法でしょう。

 

また官報に乗らないというメリットもあります。官報に載ってしまうと人に知られてしまうのではという不安がつきまといます。自分の今持っているものや立場を手放すことなく、人知れず借金の整理ができるのが利点です。

 

デメリットは借金が100%無くなるわけではないという事です。当然のことですが自分で借り入れた分は全て支払う義務があります。

 

利息分の支払い要求がなくなるだけで、借りた分の借金はそのまま残りますので、ある程度の収入がある人、利息を差し引いた分の返済能力のある人だけが行う事の出来る選択です。

 

過払い金が戻ってくる可能性があるか、利息分をカットできるかなどを無料で審査してくれる法律相談所もあるので、一度聞いてみると良いかも知れません。

 

こんな人におすすめ


任意整理が向いている人は、今現在そして今後に収入があり、負債の返済能力のある人や、返済の意志があるけれど利子の分は軽減したいと考えている人です。

 

また自分の財産を手放すことを望んでいない人、裁判所に掛け合う処置はとりたくない人におすすめです。

 

特に、一向に元金が減らないことをお悩みの方には、利息が免除されるので、元金が見る見る減っていく任意整理はかなり有効な手続きです。

 

 

まずは、あなたの200万の借金が任意整理でスムーズに解決できるかどうか、また過払い金の発生があるかどうかを、専門家の相談窓口でチェックしてもらいましょう。

 

 

↓まずは匿名で債務整理相談↓
街角法律相談所

 

借金対策の参考に

200万円、300万円といった、高額の借金に悩んでいる方に参考になるホームページのご紹介です。

 

返済に困ってしまったら、絶対に無理は禁物です。冷静になって、債務整理で解決することを考えてみましょう。

 

どれも債務整理の方法について書かれていますので、借金の返済に行き詰ってしまっていたら、参考にしてみてください。

 

 

 

このページの先頭へ